ホールのあるオペラ歌手の家

高低差のある敷地をいかして、半地下から勾配天井までの高さを一体化した大空間の音楽室。

2012年 茨城県水戸市備前町
鉄筋コンクリート/木造の混構造 2階建て
延面積 164.57m2(地下駐車場含む)+小屋裏収納37.26m2
工務店一括請負方式

水戸市中心部の閑静な住宅街に溶け込んだ控えめな外観。
建物向かって右側から玄関アプローチ、音楽ホール、ガレージ。

2019年に催された自宅リサイタルの様子。オーナーの茂垣裕子氏はオランダ国立歌劇場で専属歌手を30年勤めたメゾソプラノ歌手。
現在は出身地水戸を拠点に活動している。

オペラハウスのような階段、ドアの向こうは1階住居フロアー。

キャットウォークから音楽室を見下ろす。

半円状に張り出したDKから取り込んだ光や風が広がる空間。温かみのある丸太梁は、東日本大震災によって解体した前住居のものを再利用した。

居間は前住居の茶の間を再現し、昭和のままの落ち着ける空間に。

PAGE TOP