笠間 旧久野陶苑住宅 築250年のかやぶき古民家再生

江戸時代中期の1770年代、笠間焼初代久野範衛門の住居として建築された農家住宅。居住部を断熱改修し、生活しやすくなった。

建築概要

2019年 改修工事
茨城県笠間市箱田

after:天井板をはがし、江戸時代に組まれた迫力のある小屋梁をあらわした。
江戸時代の建物の良さを損なうことなく、冬の寒さ対策をした。

Before:昭和時代に改修された部分を外し柱を補強、基礎コンクリート、床、壁、天井を設置し断熱改修。

オーナー自作の囲炉裏のある土間から、ダイニング(左奥)とキッチン(右奥)をのぞむ。

アイランド型オールステンレスキッチン(ゲートスタイルキッチンS-1)が古民家をモダンに。

ガラス障子を開けると、洗面所を通して北側の景色を楽しめるダイニング。

自然の景観を楽しむ洗面所。洗面台は久野陶苑14代慶子氏
https://www.facebook.com/%E4%B9%85%E9%87%8E%E9%99%B6%E5%9C%92-250979781615229/

のボウルにて主人が自作した。

風格のある外観。周囲は山林に囲まれ江戸時代から変わらぬ風景が保たれている。

オーナーは古民家を取得して週末を過ごし、手を入れていて英気を養うとともに古民家の維持を行っている。
1770年代 笠間焼初代久野半衛門の住居として現在に至る
2014年 建物所有者が移り、屋根の茅葺き替えを実施
2019年 改修工事 台所、食堂、オエ、洗面、浴室、便所等

PAGE TOP