霞ケ浦を眺める家

オーナーは定年を機に稲敷郡阿見町に移住、霞ヶ浦が見える家を依頼。大きな吹抜の窓が取り込み光と風を家中に届ける、開放感に満ち溢れる住まいとなった。

建築概要

2012年
茨城県稲敷郡阿見町
木造 2階建て
延面積 119.24m2
CMによる工事分離発注方式

南東側からの外観。南側に隣家があるため敷地に斜めに建物を配置し、さんさんと浴びる太陽を室内に取り込んでいる。

リビング・ダイニング、正面の奥がキッチン。上部キャットウォークの窓と天窓から光が降り注ぐ。

オーナーの選んだ家具でオリエンタルな雰囲気。

2階には吹抜を回遊するキャットウォーク。

湖畔を望める2階の和室。東側窓に霞ケ浦が広がる。

霞ヶ浦を眺める家 トイレ

洗面脱衣室には外からの視線が気にならないトップライトを設け、大きな鏡を付ける壁を確保した。
ガラス格子建具を通して、隣の部屋へのつながりが感じられる。

モザイクタイルと丸太梁が印象的な玄関。
ガラス格子建具を通して、隣の部屋へのつながりが感じられる。

PAGE TOP