霞ケ浦を眺める家

大きな吹抜の窓が景観を取り込み光と風を家中に届ける、開放感に満ち溢れる住まい。

建築概要

2012年
茨城県稲敷郡阿見町
木造 2階建て
延面積 119.24m2
CMによる工事分離発注方式

シンプルな白の外壁とステンレスのサッシに天然木とシンボルツリーの緑がアクセント。

リビング・ダイニング、正面の奥がキッチン。上部キャットウォークの窓と天窓から光が降り注ぐ。

湖畔を望める2階の和室は、オーナーの選んだ家具でオリエンタルな雰囲気に。

霞ヶ浦を眺める家 トイレ

洗面脱衣室には外からの視線が気にならないトップライトを設け、大きな鏡を付ける壁を確保した。
無垢のガラス格子建具を通して、隣の部屋との広がりを感じる。

PAGE TOP