小原の家

共働き夫婦が子育てを機に実家の敷地内に建てた家。吹抜からの光が硝子の格子建具を通して家じゅうに広がる、開放的な空間。

建築概要

2017年
茨城県笠間市小原
木造 2階建て
延面積 125.03m2+小屋裏収納15.32m2
CMによる工事分離発注方式

外観

左奥の母屋に合わせたデザインは田園地帯の集落になじむ。

DKの吹き抜け

屋根の形を生かした勾配天井が迫力。中央の丸太梁は旧住宅の梁を再利用。

キッチンから和室、玄関方向

アラビアンタイルがアクセントのダイニングとキッチン
カウンターは旧住宅の欅の大黒柱を再利用。

和室

DKとガラス建具で仕切れる和室のリビングは明るく、和モダンな雰囲気で落ち着ける。

和室より北側の庭を望む

和室リビングは北側に窓を設け、現代風の床の間と庭の景色が楽しめる。

1階の階段ホール

サンルームとして洗濯物干しにも利用。

2階の階段上り口

硝子窓の奥は子供室で右奥がトイレ。

解体された旧住宅

先人の思い入れと現在では貴重な材料を継承するため、できるだけ木材を再利用した。
古い木材の腐食や変形、虫食いを取り除いて次代に受け継ぐのは、職人の技術力の見せ所。

 
PAGE TOP