家づくり座談会
大出さんとの家づくり

大出さんとの家づくり

大出
私の家づくりでは、伝える方法はまずは図面なので、それを見て建て主の方がどこまでわかるかというと、なかなか理解してもらうのは難しいんです。基本の設計が決まったところで模型を作って見てもらいます。ですから、具体的な希望がたくさんあった方が設計する側としてはありがたいです。あとは、まずはこちらを信頼してもらえるかどうかにかかっているように感じます。うちはこんな風に人づての紹介でつながっているので、最初のスタートですでに信頼してもらえているのですね。人のつながりがあって最初から信頼してもらっていることで、設計がとても楽になっていると思うんです。
I
大出さんは、建て主のプライベートな部分まで立ち入らなくてはならないので、それはきっと大変ですよね。
大出
そうなんですね。一品のオーダー設計で建てるのであれば、そこが一番肝心なところですね。だから、相手に何か疑いの気持ちがあるうちは、決していい家は建たないんですよ。隠しているものを全部出し切ってもらって、はじめていい家が建つんだと思います。
I
きっと大出さんが一番私たちのことを知っているんですよね(笑)
大出
いえいえそんなことはないですけど(笑)うちは知名度もないし、経営状態だってお客さんから見たらわからないと思うし、依頼する皆さんとしてはきっと心配だろうなあって思ってました。
I
私は最初から何の不安も感じてなかったですよ(笑)。最初に知り合ってから決めるまでは時間がかかっていますが、決めてからは全然迷いませんでした。
大出
確かにそうでしたね。トントン拍子できまっていきました。
M
最初にIさんが建ててくれたから、そのあとの私たちは何の迷いもなく建てられたんですよね〜(笑)。
I
大出さんと話をしていて、何も疑うことがなかったです。最初から安心感がありました。大出さんの事務所を見せていただいて、こんなふうに建ててもらえるなら大丈夫と思いました。
M
大出さんの事務所は素敵ですよね。
I
センスがあるっていうか。自分にはないセンスだ!って思いました(笑)。
M
私も同じでした。大出さんの事務所に行って、大出さんの使っているものとか、置いてあるもので違和感のあるものが何一つなかったんです。だからこの人なら大丈夫と思いました。ひとつひとつは何気ないものなんですが、とっても安心できるものでしたね。
I
決して豪華なものじゃないけれど、シンプルで素敵なものが置いてありましたね。特にトイレが印象的でした。
K
そう!素敵だったので、私はあのトイレと床を同じにしてもらいました。
一同
(爆笑)
I
大出さんからは、本当に建て主のことを考えてくれているという誠意が伝わってきていました。限りある資金を大切に、1円無駄なく本当に建てたい家を建てましょうって言われたときに、すごく納得して大出さんにお願いしようと思いました。
大出
家を建てるって人生最大の投資ですよね。そこで世間一般と違う建て方をするのは勇気がいることだと思うんですね。なかなか迷うと思うんですよね。Iさんとスムーズに仕事ができて、そのあとのMさんも即決でうちの設計で建てることを決めてくれて、その次のWさんも即決でしたね。
K
人のつながりだと思うんですね。信頼感のある人からの紹介というのが、決断できた理由として大きいんじゃないかと思います。
M
大出さんの姿として印象的なので,職人さんとぶつかっている姿ですね。それを何度も見ることで,大出さんが,職人さんたちとは違う立場でこの家づくりにかかってくれていることが本当によくわかって,それが安心感につながりました。職人さんは職人さんの立場で,大出さんは設計士であり監理という仕事もしてくれているのが一目瞭然でした。職人さんと大出さんがお互い主張を譲らずという場面を何度も見ていますよね。
W
大出さんってこんなにはっきり言うんだ!って最初はすごくびっくりしました。シビアにやりあっている場面ですよね。
大出
(笑)スミマセン
全員
(爆笑)
M
でも,それを見てきたことで大出さんをさらに信用することができたんですね。
W
へんに妥協したりしないで家づくりをしてくれているのがすごくよく伝わってきて…
I
建て主側の立場なんですよね,大出さんは。
W
最後まで建て主側の希望を通してくれるというか
M
職人さんとは違う立場だってことですよね。
I
職人さんたちも、特に棟梁とか、大出さんの設計の家を建てることに誇りを持って仕事をしてくれているのが伝わってましたね。
M
職人さんたちはみんな、この家に愛着を持ってくれているというのが伝わってきました。
I
震災の後もすぐに回ってくれましたね。
M
私は大出さんと家づくりをしたことで、自分の生き方とか、暮らしとかを見つめなおす大きなきっかけになったと思うんです。キッチンをどうするかとか、そういうことが、自分の生き方とつながっていることを痛感しました。普段は毎日慌ただしく生活しているわけですけれど、それを改めて考えてみる貴重な機会だったと思うんです。私はどう暮らしたいんだろう?ああかな?こうかな?っていろいろ考えてみることで、人生を立ち止まって、大きな視点で考える機会になりました。家づくりの時期に時間をかけて考えたことが、その後の人生にとても役立っているなあ〜と感じています。もちろん楽しかったけど、むしろエネルギッシュな大事業をしたという、そういう実感です。
大出
最近新しいお客さんには必ず言うようにしているのが、うちで仕事をやらせてもらう時はかなりハードですよってことです。
全員
(爆笑)
大出
うちは、すべてお任せしますってやり方ではないので、そう思ってしまうとイメージが違っちゃうと思いますよって、最初に説明するようにしています。そうは言っても家づくりはやってみないとわからないんですよね。やってみて初めてうちでの家づくりを知ってもらえるという感じです。家づくりが終わったときにどう感じてもらえるかですね。
M
大出さんに設計をお願いしてよかったな〜と思うのは、どんな注文でも希望でも、とにかく伝えてOKという安心感でした。ハウスメーカーの家づくりだったら、希望を言うことにもためらいがあったと思うんですね。大出さんとの家づくりではそういう気を使う必要がなく、とても安心して、本当に自分の希望を率直に言えて、よかったな〜と思っています。
大出
いやあ〜僕も言い返しちゃうことがあるんで(笑)。
M
いえいえ、言い返してくれるからこっちも希望が言いやすいんですね。目の前の人が実際に設計するわけだから、まずいことはその場でそう言ってもらえますよね。大出さんとのいろいろなやり取りは、本当に実のあるものだったし、楽しかったし、私にとっては人生を考える、すごく満たされる時間でした。
大出
最終的には、その方の価値観だと思います。100万円でも高いと思ったり、1000万円でも安いと思う場合がありますよね。人それぞれ家を建てる目的は違いますものね。
M
家を建てて、どこかに出かけるより、家で人と会うことが多くなりましたね。
全員
そうそう!
K
人を呼びたくなる家ですよね。友達が来ると、暗くなるまでいますよ。泊まっていけば、とか、お風呂に入ってから帰りなよって言いたくなります(笑)。
M
あそこのお風呂は素敵でしょうね。
大出
Kさんの家はユニットバスではなく、現場で作ったお風呂なので広いですよね。あそこまで見晴らしがいいと、女性の立場から却下されるかなと思っていたんですが(笑)
K
そうなんです。最初はそう思ったんですが、今は全然気にならなくて、のびのび入っています。(笑)夕方とかすごく気持ちいいんですよ。夜も暗くして入っています。月夜の晩とか素敵です。皆さんどうぞ入りにきてくださいね。
I
それじゃ昼間はMさんちでランチして、午後はWさんちの庭を見ながらお茶をして、夕方Kさんちに行ってお風呂に入ってご飯食べて、お酒飲んで…っていうのが最高のプランかしら(笑)。
K
ぜひ実現させたいですね。
大出
私の設計した家を通じてこういう人のつながりができていくのは本当に嬉しいです。今日はいろいろ勉強になりました。これからの家づくりにぜひ役立てて行きたいと思っています。たくさんお話を聞かせていただいてありがとうございました。
全員
こちらこそありがとうございました。これからもよろしくお願いします!


Copyright (C) 2005 OHDE ARCHITECT STUDIO. All Rights Reserved..