茨城県 水戸市 一級建築士 事務所 大出設計工房


建設業で戸建て住宅は、一軒当たりの利益が最も低いことから、最近では数多くの建設受注を請けることで会社を経営していく方向になりました。そのためか、建築原価を安くするため、使用材料を限定したり現場施工方法を統一化することにより、現場に掛かる時間と経費を削減する内容になってしまったと思います。

それでも建てる方にとっては、一生一大の買い物になりますし、決して安い買い物とは言えません。住宅は『住器』とも言われ、人の一生の大半を過ごす生活には絶対必要な器です。

人の顔や性格が皆それぞれ違うように、敷地やその周囲の環境もまったく同じものはありません。
大量生産の材料で似たような家ばかりが増え、最近の街並みは偽物ばかりだという声が聞かれることもあります。

流行に弱い日本人は「○○システム工法!最新設備機械フル装備」と言った宣伝にのって、家を決めることが多いと思います。しかし、10年後は、最新の流行が時代遅れへと変わり、新築当時の喜びは薄れていってしまいます。
大出設計工房は、最初から設備等に頼るよりも、土地の環境から自然と同化し「冬の陽当たり、夏の風通し」を毎日気持ちよく感じる生活が本当の快適さだと考えています。


LINK
Copyright (C) 2005 OHDE ARCHITECT STUDIO. All Rights Reserved..